7月の稲の様子

梅雨があけたので、水回りの大変な時期になってきました。暑いので、ほぼ毎日水を入れてあげなくてはいけません。
今日は少しだけ詳しく稲のことを書いてみようと思います。
美味しいお米を作るためには、いろんな要素がからんできます。今年は、自分で栽培する初年度なのでいろんなことには手を出さず、主に分茎数だけに着目して栽培管理を行っています。
先週位から、最初に植えた「きぬむすめ」の一株当たりの分茎数が30前後になってきました。
今年はとりあえず出穂45日前位に1㎡当たりで300本の分茎を狙っています(出穂の予定は8月25日前後です)。特に根拠はありません…初めての土地、初めての品種、わからないことだらけです。
30cm間隔で植えているので1㎡で約9株あります。
一株当たり30本の分茎で、約9株在るので分茎数は、1平米270本の計算になります。
だいたい狙いどうりの分茎数になってきました。
狙いどうりの分茎数にする為には、地力、植え付け時期、水管理などいろいろと考えることはあるのですが、今年は、たまたまですが上手くいってると思います。植える時期が良かったのかな?
これからは、きぬむすめの方は水を多めに入れて茎を太くしていく管理に変えていきます。
茎を太くして、一穂当たりの粒数と大きさの肥大を目指します。
平米あたりの分茎数が300本前後が適当だったのかどうかは、秋になってみないと正解がどうかわかりませんが、稲の様子をみているとなんだか上手くいきそうな期待がふくらんできます。
ただ、後で植えたコシヒカリ、分茎数が少ないです。今で平均10本位です。これからもう少しは分茎すると思いますが、やっぱり植えるのが遅かったかな?と思います。まー収量が若干少なくなるかなと思います。
田んぼの写真です。
きぬむすめ
P1040115.jpgP1040118.jpg
コシヒカリ
P1040116.jpgP1040117.jpg